HOME>トピックス>ふたりが選ぶなら価値がある指輪に早変わりする

値段がリーズナブル

一般的に、生涯(結婚終えるその日まで)左の薬指にはめることになる結婚指輪ですが、婚約指輪は給料3ヶ月分が当たり前ですが、20万円以下というようにリーズナブルな価格のものが人気です。例えば、カジュアルジュエリー店で買ったペアリングを結婚指輪代わりにする方もいます。そもそも夫婦の証明を左指で現しているだけなので、価格は本人たち次第、価値あるものに値段はつけられません。指輪も、結婚に差し障りがなければ、5万円台のものでも十分で、新婚生活を送るたびにキズも刻まれていくので、数年に1度新しいものを贈り合う夫婦もいるようです。男女問わず身につけやすい、シンプルタイプを旦那さんへ、優しいラインのフェミニンタイプを奥さんへ贈り合います。

周りからも印象がよい

身につける頻度によって比重が変わるようですが、人気の結婚指輪は至ってシンプルです。ダイヤモンドなどの宝石が埋め込まれてはおらず、プラチナ素材が人気取りしています。婚約指輪とのバランスも考えられており、指馴染みもよいプラチナ素材が選ばれています。また、プラチナは耐久性があるため、ちょっとやそっとでは傷つくこともありません。ハイグレードだからこそ、周りの見る目も好印象です。

太めだけど幅は細め

結婚終えるまで身につける結婚指輪ですが、女性へ贈る場合にはワンサイズ大きめを選ぶ傾向です。なぜなら、指は細くはならず、むくんで外れなくなる心配がありません。また、デキ婚では赤ちゃんのために蓄える体、指も太くなりがちです。産後は、赤ちゃんを抱いたりするから、だからこそ指輪の幅だけは反対に2.8mmほどの細身が人気です。

広告募集中